Menu

Home

Urushi Ito

人類とウルシの歴史は古く、約1万年前から利用していたという説があります。
ウルシは、人類にとっては掛け替えのない資源でした。そしてその多くは接着剤として使い、ある時は魔除けの力として崇め、権力の象徴でもありました。
そんなウルシも柔らかく使うことには発展せず、軽くて水を弾き衛生的で、堅くて割れにくく美しい艶をもつ貴重品として、今日まで理解されてきました。しかしTsurubamiは、ウルシの柔らかい性質に目をやり、世界中で役に立つ糸として、新しく「彩漆糸」を創り上げました。この自然から生まれた彩漆糸が、これからの世界中の人びとにとって、新しい価値を紡いでくれることを期待しています。

日本では約14年間育てたウルシの樹から、1年をかけてウルシの樹液を採り切ります。この手法を「1年殺し」と称し、1年間に必要な苗木を植え、14年サイクル分を継続的に栽培していきます。
中国では、標高約1000m域の広大な原野に自然植生しているウルシの樹から、少しずつウルシの樹液を採るやり方をしています。近年この中国産天然ウルシの成分が、日本産ウルシよりも良質であることが研究により証明されています。ただし、国内風土に適するのは日本産だと言われます。

日本に輸入された中国産ウルシ(品質の高いものを厳選)は、不純物をとり除いて加工品に応じた配合、季節の気候に合わせた配合がなされ、製品に加工されます。
なかでも京都の伝統産業でもあります「金糸」製作では、ウルシの姿が表に出ることのない金箔の接着剤に使い、永い間ウルシの柔らかい性質の恩恵を受けてきました。

この写真は、ウルシが「漆糸」に成る前のシート状態で使って、折鶴にしたものです。
このように漆は、割れることなく鶴を折りあげることもできます。これからは、「漆糸」で織りあげられた製品が、世界中で当たり前の様に使われ、そして世界中の人びとと「ウルシの恩恵」を分かち合う世の中になります。
「漆糸・漆織」は、クロコダイルなどの革の表情も再現でき、動物愛護にも寄与でき、世界中でもっとも自然に優しい素材として貢献します。